FC2ブログ
伊勢純子タップダンススタジオ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WISDOM21
WISDOM21
金曜クラスのfumikoさんが、毎年開かれている、アート展に行くことが出来ました。o(^▽^)o
入口を入ると、パーッと油絵の美しい色彩の作品が目の前に広がっていて・・・、説明を伺いながら、観させていただきました。
大津通りのホコ天の真っただ中でしたが、静かで心地よいギャラリーでした。
そう言えば、スペインに行っていらっしゃった時期があり、そのイメージから作品が仕上がっていったとのことでした。後でイメージとして振り返ってみますと、全体的に、ヨーロッパのスペイン
何故か、私の好きな色彩の作品が、多くあって心地よい時間を過ごさせていただきました。
人間、感動が湧きあがってくると云う事は、明日へのパワーをもらいます~。改めて思ったことでした。

30年ほど前から始められた「藍染め」も素晴らしいものでした。かなり、売れてしまって5~6ぼど、飾られていました。
TAPは、70才からお付き合いさせていただき、もはや、11年目になられますが・・・。
インスピレーションから、創られていく、作品を拝見したり、お話を聞いていると、TAP
へも、繋がっていき、心地良さを感じます。o(^▽^)o

ひまわり

写真

赤




iPhoneから送信
| 未分類 |
TAPでセッション♪
デューク エリントン楽団のトロンボーン奏者である、スタッフォード ハンターさんが、来日されました。‼
ボクは、スタッフォード ハンターさんのjazz liveを聴きに行き、姉と兄と飛び入りで、参加する事になりました。
姉は、パーカッション♪兄は、トランペット ♪、そして、ボクは、TAPダンスでの参戦です。♪
スゴイ! スタッフォード ハンターさんは、法螺貝でjazzを、奏でるんです。格好良い~♪そして楽しい~♪
最高の思い出になりました。!
来年、2015年1月11日(日曜日)
も、トニーさんの能楽堂でのショウに、出演することになりました。

写真 2

写真2_2

| 未分類 |
TAKAくんの楽しい9年間
TAKAくんの楽しい9年間
9年前、ハンサムボーイの新一年生が、お母さんと一緒にスタジオにやってきた。
バーを、鉄棒がわりに、ぶら下ったり、逆上がりをしたり・・・。「だめだよ。!」
と言いながら、お母さんは、入会の手続きをして、「くれぐれもよろしくお願いします。」と、彼を残して、スタジオを後にされた。
その日の事は、あまり良く覚えていないが、その後、毎週彼とのたたかいが、始まった。o(^▽^)o。
しかしながら、今は、バレエの中の、男性バリアシオンを、TAP&Balletのコラボで私との共同作業で進行している。バレエは、週4で夢中になって追求しているからである。

今では、ほとんどの曲がおどれているが、Henryのスタジオのように、練習曲を一曲目から、クリヤーにしなから、基礎ステップや歴史上のルーティーンを学ぶ方法で進行して行くのだが、
他の生徒さんのように、順序だてて教えたことは、一度もない。
考えあぐねた結果、彼の好きな曲をもってきて貰い、その曲に振りを付けていった。
Charlie Brownだった。
当時、小学一年生の子が、可愛いくて、この類の曲を選ぶのは、何か持っているものが、あるに違いない。! 男テツコさんとして育てていこう。!と思った。プライベートレッスンなので、ほぼ同じ時間帯に同じ方達が揃う'。誰言うともなく、彼を、見守った。
学校行事以外は、お休みは一度も無く、皆勤である。
多分、彼にとってスタジオでの居心地が、良かったのであろう。
ある時代はお絵かき。ある時代は、四コママンガ、次の時代は、列車の連結器と周辺の照明器具の設計図・・・そのうちに、具体的な地下鉄の駅の図・・・へと。だんだん高度になってきて、作品を見せてくれるのだが、良くわからなくなってきた。こうして、4~5年、いや3~4年が過ぎていっただろうか?紙ごみがでた時は、ほうきとちり取り で、「掃きましょう。」とみんなで、片づけた。
スタジオのすみにある、バー
の脚が重ねて置いてある横で、時間待ちをしながら、熱中する内容が、進歩していった。(笑) レッスンの時間が来るのだが、なかなかスタンバイ出来ないので、Charlie brown の曲をかけてあげると、すぐさま踊り始める・・・。振りを忘れることは、まず無い。
しかし、基本ステップを繰り返し、やらなければならない時は、何故かtoileto(^▽^)oに、いきたくなる。(笑)

Live house で、みんなで遊んだ時、mon chan 先生の腰のあたりのせいの高さのお友達4~5人が、連なって、コガモみたいにウオーキング アラウンドステップを踊った時から何年たったのだろうか?
待ち時間での、技術?は更にupして行った。
45万年後?前だったかな?(笑)の地球上の人間社会の様子を、小説として、手がけ始めた。
スマホが、ポピュラーになる前だったと思うが、携帯で弾丸の如く執筆していた。(笑)
みんなが、バーの方を向いて
自主練をしている所に行っては、「今、ここを書いてるんだよ。」って見せると、「う~ん、そうか~、それからどうなるの?」と暖かく答えてくれる。
多分、みなさんが私の方針に、協力して下さっていたのだと思う。ありがたいことであった。

3月には、フランスに留学する。
いつも、レッスンが、終わった後、何だかんだと、話しているのだが、留学するには、
何がどうしてお金がかかるのか、あちらでのセキュリティを、万全にするのに、ご両親が、どう手をうってくださっているのか?・・・など。


とに角、大人になった彼は、
今日、旅立ちました。

TAKA.jpg





iPhoneから送信
| 未分類 |
能楽堂レポ
能楽堂レポ
初めて入る能楽堂は、やはり、独特の雰囲気をもっていました。
見渡せば、お客さんも個性的な方ばかり。
こんな空気の中でも、物怖じせずに、むしろいつもより伸び伸びと登場した真明地くん。怖いものしらずってだけでは無さそうです。
練習時間は限られた短いものだったようですが、そんなことは感じさせない素晴らしいパフォーマンスでした。
彼の生活の中には、タップが溶けこんでいるらしく、練習場所は何処でもOK。
歩きながら、エレベーターを待ちながらリズムを刻んでいるそうです。5年後、10年後にはどうなっているんでしょうね。とても楽しみです?

クラスでは、ルーティンを、伝えるコーナーで真明地くんと、組んでいるIZUMI 先生から、レポートが届きました。
今、eddie brownが、進行中です。o(^▽^)o

HAYASEちゃんも、観に行ってくれて、「おととしの、日曜初級クラスで、一緒にレッスンしてたのに、すご~~い?」
って言ってました。o(^▽^)o
みんなで、暖かく応援してくれていて、心がポカポカになります。
感謝、感謝の日々を送れて幸せです。
Tony masaさん、ありがとうございます。



iPhoneから送信
| 未分類 |
お正月の能楽堂
お正月の能楽堂
NYC Tony masaさんの、「broad way night 」を観てきました。
我が、companyの、すずきまあち君が参加させていただきました。Tonyさんの、子供時代を演じました。三味線、尺八、バレエ、サックスと、TAPのコラボですが、床を、自由に使えない中を、暗転と照明をふんだんに使ってのshow が、進行していきました。「音があれば、TAPがうまれる」!まさに、そのとおりで、素敵なshow でした。
まあち君は、お母さんと一緒に、二次会まで出席して、
大人達が、話している間、ず~っと、流れているディスコミュージックで、踊っていたそうです。o(^▽^)o
ご両親は、こんな事をおっしやっておられました。「私達は、子供たちが、
やっている事を直接教えられないので、一流のものを見せているだけです。」と・・・
まさに、tonyさんとの出会いは、live houseででした。
Showが、終了した後は、みなさんロビーで、集っているなか、まあち君の廻りに、人だかりが出来、何十人ものお客様が、写真をとっていました。少し離れた所で、ご両親とIzumiちゃんとで、見守りましたが、ご両親は、じっと静かな、佇まいで、居られました。近い将来、日本から飛びだし一流の人々と、交流して行くことでしょう。




iPhoneから送信
| 未分類 |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。